フォト
無料ブログはココログ

« ドゥルーズの「力=累乗」というダジャレの意味<「差異と反復」を読もうとしてる1> | トップページ | 反復の偽造と語れない「端的なアクチュアル」<「差異と反復」を読もうとしてる3> »

2017年5月23日 (火)

存在には反復の偽装と潜在化が必要であること<「差異と反復」を読もうとしてる2>

チャーマーズの心身問題やマクタガートの時間論の謎解きにつながるのではないかと思って、ドゥルーズ「差異と反復」を読んでいるが、これがなかなか面白くなってきた。

まだまだ読みかけの分からない本を読みながらまとめて見ているだけの、怪しい文である。いつもマユツバばかりの本ブログだが、怪文書であることを銘じて読んでね。

 

「反復」は偽装を伴うものであるが、これは潜在的な対象が潜在的な対象として存在するために必要な偽装であり、その偽装なしには世界が世界たり得ることはない。ということを、下の文は言っていると僕は読んだ。そして、そのように解釈すると、これはまさに心身問題と時間論が問うていた「ここに開闢しているこの現実を他者や他時間の私とどう共有できるのか」という問題のど真ん中を問うているものだったと考えられる。その文章が、これ。 

 

「二つの現在〔古い現在とアクチュアルな現在〕が、もろもろの実在的〔réels〕なものからなるセリーの中で可変的な間隔を置いて継起するということが真実であるとしても、それら二つの現在はむしろ、別の本性をもった潜在的対象〔L'objet virtuel〕に対して共存する二つの現実的〔réal〕なセリーを形成しているのである。しかもその別の本性をもった潜在的対象は、それはそれでまた、二つの現実的なセリーの中で、たえず循環し置き換えられるのだ(たとえ、それぞれのセリーのもろもろの位置や項や関係を実現する諸人物、つまり諸主体が、それらとしては依然、時間的に区別されているにしてもである)。反復は、一つの現在からもう一つの現在へ向かって構成されるのではなく、むしろ、潜在的対象(対象=x)に即してそれら二つの現在が構成している共存的な二つのセリーの間で構成されるのだ。潜在的対象は、たえず循環し、つねに自己に対して置き換えられるからこそ、その潜在的対象がそこに現れてくる当の二つの現実的なセリーの中で、すなわち二つの現在の間で、諸項の想像的な変換と、諸関係の想像的な変容を規定するのである。潜在的対象の置き換えは、したがって、他のもろもろの偽装とならぶ一つの偽装ではない。そうした置き換えは、偽装された反復としての反復が実際にそこから由来してくる当の原理なのである。反復は、実在性の〔二つの〕セリーの諸項と諸関係に関与する偽装とともにかつその中で、はじめて構成される。ただし、そうした事態は、反復が、まずもって置き換えをその本領とする内在的な審廷としての潜在的対象に依存しているがゆえに成立するのだ。」(「差異と反復」河出文庫上p285)

 

ドゥルーズの文章はたくさんの語彙注補足を自分で作りながら読む必要があって、かなり面倒な読み方をしなくちゃいけないのだが、この文章にもいくつかの注釈が必要である。申し訳ないが面倒臭い注をつける。

【古い現在とアクチュアルな現在】:現在というものは本来一つだけしかないはずのものである。しかし、3分前の私が存在したのは、その3分前の時点では、その時点における現在であったはずだ。だから、「その時点における現在」というような仮想的な現在の捉え方をすることは十分にできるはずである 。そこで、3分前の「現在」を「古い現在」と呼び、現に今端的現前しているホントの現在の方を「アクチュアルな現在」と呼ぶ。

【潜在的・ヴァーチャル】【顕在的・アクチュアル】:ドゥルーズは、「実在的・リアル」対「可能的・ポシブル」という視点に対して「顕在的・アクチュアル」対「潜在的・ヴァーチャル」という視点を区別して記述が検討され得ることを提案している。「実在的・リアル」対「可能的・ポシブル」は、世界が結果的な事実としてそうなっているのか否かを語るものかと、論理的あるいは自然的にそうなり得るか否かを語るものかという、世界記述においての語られる世界に関する対比である。一方、「顕在的・アクチュアル」対「潜在的・ヴァーチャル」は、世界の客観的あり方がどんなかという世界に対する問いとは無関係な、この世界開闢の視点が誰のものかという視点に対する問いについて示されるものである。その記述が、現に世界を開闢させているこの端的な〈私〉にとっての現実を示すか、誰でもいいような誰かのその人から見た現実を示すかの対比である。
例えば、3分前の私がトランプカードを一枚引いて自分のカードを見ていたが今はその裏面しか見ていないというとき、そのカードがクローバーの7でもあり得たけど実際にはハートのAだったというのが「ポシブル」に対する「リアル」であり、現にそのカードをハートのAとして見ている3分前の私の目によってリアルな世界が開闢されているような世界もあっただろうけれども、端的な現実としてはそのカードの裏面しか今は見えていないこの私の目によって世界が開闢されているというのが、「ヴァーチャル」に対する「アクチュアル」である。「3分前の現在」が「古いヴァーチャルな現在」で「現在の現在」が「新しいアクチュアルな現在」であるのだが、「新しいアクチュアルな現在」が「古いヴァーチャルな現在」と対比可能なものとして使われるためにはその「新しい現在」が「その人にとっての現在」として扱われなければならないことになり、常に「ヴァーチャルな現在」にすり変わってしまわなければならないものだとも言える。

【セリー】:順列。シリーズ。ド・ド♯・レ・レ♯・ミ・ファ・ファ♯・ソ・ソ♯・ラ・ラ♯・シという西洋式12音階の順列を示すこともあるので、そんな感じの並び順をイメージすれば良いのかもしれない。この場面では、いくつもの現在からそれぞれ開かれる世界ごとにそれぞれの空間や時間やその他の並び方順列があることを指すと思われる。ある過去時点における現在とまた別の新しい時点における現在にとって、の「現在過去未来」などのそれぞれ順列があるが、それがそれぞれのセリーであり、そのそれぞれの現在を開く主体が「それぞれのセリーのもろもろの位置や項や関係を実現する諸人物、つまり諸主体」だというわけである。

【潜在的対象】:「潜在」の意味を上のように捉えるとするなら、「潜在的対象」は、「その時点においての現在の現実の私」(たとえば「3分前を現在とする私においての現実の私」)が現実として捉えていた対象、ということになるはずだ。(「3分前を現在とする私においての現実の私」などというややこしい言い方をしてしまったが、しかしこれが「3分前を現在とする私」と言ってしまうと、単なる「リアルな時間軸上の私」を意味するものとなってしまうので、ダメなのである。この違いの中にこそ、「潜在的対象」の真の意味があるのだ。)

これらの語彙の意味確認を受け入れるなら、「二つの現在は、潜在的対象に対して共存する二つの現実的なセリーを形成する」という文が示しているのは、次のようなことになるだろう。すなわち、「端的なこの今現在」によって開かれた「現在過去未来」と「3分前を現在とする私」によって開かれた「現在過去未来」がそれぞれ形成されるのだが、その二つの「現在過去未来」が同一の「潜在的対象」を共有する、ということだ。さらにその「二つの現在過去未来が同一の潜在的対象を共有する」というのは、「別時刻におけるそれぞれの主体が或る一つの事態の連なりの実在性を共有している」ということを意味するだけではなく、「別時刻におけるそれぞれの主体が或る一つの事態の連なりの潜在性を共有している」という解釈もできるはずだ。そしてこれって、たとえば「3分前に食べたUFOのその時点の現実的な味わいそのものと、この端的な主体である私が『3分前の味わい』とするものとは、質的量的に完全に等しい」ということを意味するものだと言い切れるように思えるのだがどうだろうか。

 

一方、
【置き換え】:フロイト精神分析の自我防衛機能の一つ。もともとある対象に向けられていた精神的エネルギーが、直接その対象に向かうよりも自我にとって受け入れやすい他の対象に向けられること。

しかし、 「潜在的対象は、二つの実在的なセリーの中で、たえず循環し置き換えられる」というのは、精神分析の話ではなく、「現在過去未来をリアルで静的で固定的なものとして捉えてその中にヴァーチャルな存在を置こうとしても、そのヴァーチャルな存在は必ず動的にしか捉えることができず、古い現在において『今まさにある事象』は、新しい現在においては常に『すでに過ぎ去った事象』である」ということを表すものだと考えられる。

だから、そうすると、「潜在的対象は、たえず循環し、つねに自己に対して置き換えられるからこそ、その潜在的対象がそこに現れてくる当の二つの現実的なセリーの中で、すなわち二つの現在の間で、諸項の想像的な変換と、諸関係の想像的な変容を規定するのである」という物言いは、「ヴァーチャルな存在が必ず動的にしか捉えることができないものであるからこそ、或る事象に関する諸時制同士が違っているものとして捉えられたり、或る事象に対する主体同士が変わってしまうものとして捉えられたりするということ」を示していると思われる。つまり、それって結局、「ヴァーチャルな視点を動的なものだとするから現在が過去へと変容する」ということだろう。

でも、それって当たり前すぎて、取り立てて「語ら」なければならないような内容なんて何も無いような話ではないだろうか?
だから、この話に対して、もしかすると次のような批判ができるかもしれない。
つまり、「問われねばならない問題の本質は、その動的なヴァーチャルな視点なるものが誰にとっても言えるような話についてのものであってはならないということだ。この、端的な私にとっての視点だけがここでの問題になっていることの本質のはずだ。本来ヴァーチャルな視点というものは『3分前を現在とする私においての現実の私』を示すものでなければならないはずだが、そこで語られているのは『 3分前を現在とする私』でしかないようなものではないの
か?『ヴァーチャルな視点を動的なものだとするから現在が過去へと変容する』などと言ったとしてもそれは、一般的な『3分前を現在とする視点』が、一般的な『現在を現在とする視点』に成り代わるという一般的な変化によって、現在を過去へと変容させるものであることしか語れてないじゃないか。そんなものでは、どこにでもいる『私』について語れはしても、この端的な『私』を語ることなどできるはずがない」という批判だ。
しかし、そのような批判は不要であるばかりか不当でもある。

その辺りに関するドゥルーズの考えが「そうした置き換えは、偽装された反復としての反復が実際にそこから由来してくる当の原理なのである」に表れている。それを見ていこう。

【偽装】:ここでの「偽装」は単に「間違った解釈とすり替えられてしまうこと」と理解して問題ない。もともとここで言われている「偽装」は「抑圧に対する偽装」のことであったが、「抑圧」とは、自我を脅かす願望や衝動を意識から締め出して意識下に押し留めることなので、「抑圧の偽装」はその封じ込められた精神エネルギーを自ら意識せずに偽の解釈とすり替えてしまうことだと言える。ここでは「偽装された反復」という文脈で語られているので、「本来あるべき姿とは異なるものにすり替わっていることに気づかないまますり替えられてしまった反復」という意味だと考えれば良いだろう。

 

そこで、この「反復」をどう捉えるかがとても重要になってくる。
この「反復」を、単に次のようなものとして捉えるだけであるなら、真に問われなければならない本質的な問いは零れてしまい何の答えにもならないものでしかないという批判は正しいものとなる。すなわち、世界の中に或る事象がまず存在し、それに関する某かのデータを2時刻でそれぞれの捉えて付き合わせることを「反復」だとし、そのから我々は二次的に「差異」を捉える。とするような「反復」の捉え方である。
ここで問われている「反復」は、実在的対象から2次的に現れるようなものではなく、「差異」とともにそれのみが世界の1次的根源であるとして捉えようというのがドゥルーズの主張だ。世界の実在的事物がまず存在するというような実在論を第1義とはしない。そしてまた、世界を見る主体がまず存在するというような観念論を第1義とするのでもなく、「世界は一様ではない」という点を第1義に置き、まず有るのは「差異」のみだとするのだ。
そうするとどうなると思う?
上の批判は的外れなものになり、きちんと、世界をアクチュアルに開闢しているこの端的な「私」について考察し答え得るものになる(という実は物凄いアイテムになる)のだ。

世界には何かの実在があることも主体があることも前提せず、世界が一様ではないことのみをまず認めるところから世界解釈を始める。そうして、世界を記述しようとしてみると世界は差異だらけだと言えるものになる。で、「世界が差異だらけ」だけで世界記述を終わらせるわけにもいかない。ところが、「差異」なるものが「差異」であるためには某かの2者の比較がそこになければならない。これが「反復」である。あらゆる「反復」のなかで、最も似ているもの、或いは同じものの反復だと思われる反復を取り上げて、そこから世界の構成を始めてみよう。そうして、そのようにして取り上げた同一の某かをリアルな存在だとしてみる。ところが、そのようにして初めて得たリアルな存在であろうと、それは時間の中にあるとせざるを得ないではないか。どんなに懐疑しようとしてもここにアクチュアルにあるとせざるを得ないような存在だったとしても、それは、反復して比較対照するには必然的にそれはヴァーチャルな存在に置き換えられていなければならないはずである。しかし、そのようにしてでしか世界は記述し得るものにはならないのだから、仕方ないのである。世界を記述するためには「そこに実際にある対象が潜在的対象として置き換えられていなければならない」のであり、それを原理にすることによって「あらゆる反復が偽装された反復として実際に存在し得ることになるのだ。また、それゆえ、反復による世界記述の成立は潜在的対象に依存しているのだ。
これが、「潜在的対象の置き換えは、したがって、他のもろもろの偽装とならぶ一つの偽装ではない。そうした置き換えは、偽装された反復としての反復が実際にそこから由来してくる当の原理なのである。反復は、実在性の〔二つの〕セリーの諸項と諸関係に関与する偽装とともにかつその中で、はじめて構成される。ただし、そうした事態は、反復が、まずもって置き換えをその本領とする内在的な審廷としての潜在的対象に依存しているがゆえに成立するのだ」という文が意味するものだろう。

 

ドゥルーズの「差異と反復」は「差異」と「反復」こそが実在や主体よりも先立つとする前提で世界を立ち上げるとどうなるかを考えた論考である。だから「偽装された反復としての反復」の最も重要な例として、「アクチュアルな視点を取り上げようとしても、その前提のために必ずヴァーチャルな視点にすり換わってしまうこと」、そして、そのすり換わりこそが世界が世界たり得ることの本質であることを明示している。
それゆえに「哲学ゾンビ」や「他者のクオリア」に関する懐疑が有意味な意味を持つことができなくなってしまうこととか、そのような世界観を保証するためにニーチェのニヒリズムを敢闘する必要があることなど、今のこの一文について考察したいことの半分ほどしかまだ記せていないが、残りはまた来週に回す。(読書ノートを職場に忘れてきちゃったので、今日はここまで。)

つづく

ドゥルーズ「差異と反復」を読もうとしてる

twitterはじめました

« ドゥルーズの「力=累乗」というダジャレの意味<「差異と反復」を読もうとしてる1> | トップページ | 反復の偽造と語れない「端的なアクチュアル」<「差異と反復」を読もうとしてる3> »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/65306423

この記事へのトラックバック一覧です: 存在には反復の偽装と潜在化が必要であること<「差異と反復」を読もうとしてる2>:

« ドゥルーズの「力=累乗」というダジャレの意味<「差異と反復」を読もうとしてる1> | トップページ | 反復の偽造と語れない「端的なアクチュアル」<「差異と反復」を読もうとしてる3> »