フォト
無料ブログはココログ

« 自殺しなくちゃ苦痛から逃れられないか<私の死と「私」の同一性1> | トップページ | 意識が持続していればそれは私か<私の死と「私」の同一性3> »

2015年2月 6日 (金)

「シュレディンガーの猫」と「多世界解釈説」<私の死と「私」の同一性2>

量子力学論では詳細で正確な物理状態は確率でしか表し得ない。時刻t0でのストロンチウム原子1個が数時間後の時刻t1において分裂しているか否かは確率でしか表せないのだ。これは、人間の検査能力が未熟だから確率でしか分からないのではなく、実際に例えば50%の確率の分裂状態と50%の確率の未分裂の状態とが重なりあっているというのだ。
この物理状態の重ね合わせの奇妙さを問うたパラドクスで「シュレディンガーの猫」という話がある。箱の中に、一匹の猫と、放射性物質と、その放射線を検知するガイガーカウンターと、それが検知されたときに放出される致死量の青酸毒がセットされて入れておかれる。そして、一定時間経ったとき箱の中の放射性物質は50%の確率で崩壊して放射線を出しガイガーカウンターが50%の確率で放射線を検知し青酸を50%の確率で放出し猫が50%の確率で死ぬ。そして残りの50%の確率で放射線は放出されず猫は50%生きている。50%死んだ猫の確率と50%生きている猫の確率が同時に重なりあっているということになる。これはあまりに変な話だ。そして、さらに変なのが人が箱を開けて猫の生死を確認した途端、猫は100%生きているか100%死んでいるかに確率波束が収縮するというのだ。観察によって確率波束が収縮するというのが量子論の一般的な解釈なのだが、観察するだけで猫が死んでしまったり生き返ったりすると説くような物理法則が正しいはずがないのではないか。だから、確率の重ね合わせ説なぞダメだというわけだ。

しかし、量子論の確率の重ね合わせ原理はあらゆる実験結果から裏づけられ実証されている。そこで、シュレディンガーの猫を説明できる量子論解釈として「多世界解釈理論」が考え出された。これは、人間という観測者自身が50%の確率で死んだ猫を見ているパターンの存在世界と、50%の確率で生きている猫を見ているパターンの存在世界とに分裂するというものだ。死んだ猫を見ているパターンの観測者にしてみれば箱を開けた途端に猫が死んだ状態に波束が収縮したように思えるのだか、実は確率波束は収縮したわけではなく自分自身が死んだ猫のパターンの世界へ分裂してしまっただけなのだ。この解釈によると世界はあらゆる可能性に応じて多数に分裂していくことになる。原子分子の状態の可能性にそれぞれ応じてどんどん世界が分裂していくのだからその数は恐ろしく膨大なものになるだろう。そのためこの解釈は「多世界解釈説」と呼ばれる。

さてここまで少し前振りが長かったがここからが本論になる。多世界解釈説によると、時刻t0において身体Aだったものは時刻t1においてはある確率で苦痛に苛まれ、ある確率で自殺して死んでしまっているということになる。

だが、その本題については次節で。

つづく

私の死と「私」の同一性

大阪哲学同好会に来ませんか

« 自殺しなくちゃ苦痛から逃れられないか<私の死と「私」の同一性1> | トップページ | 意識が持続していればそれは私か<私の死と「私」の同一性3> »

コメント

横山信幸さん
これまでの所の議論には、特に不思議な点(驚くような内容)はないように思いますが、それでいいでしょうか。つまり、それは当り前のことを言っているわけですよね。
最初の、今日の私A1と明日の私A2の同一性を確かめる方法は、唯一つだけあり、それは今日から明日まで(眠らずに)意識を持続させればいいということでしょう。今日と明日の時間差を何時間と置いてもいいなら、今日の午後11時59分から明日の午前0時1分までの2分間の意識の持続でこれが確かめられます。わざわざ記憶の有無に頼る必要もありません。
次の、猫が生きるか死ぬかの確率の話では、一定時間後に猫が生きている(死んでいる)確率は50%というのは、数学が得意でもない私でも容易に理解できます。「確率波束」という難しい概念を引っぱり出さなくとも、色々な結果が出る可能性を持ったある状態は、一定時間後に出る結果は唯一つしかありません。結果が出る前の、可能性が幾つも予想される段階を「多世界解釈」と言われても違和感が先立ってしまいます。誰でも、いつでも、どこでも、「現時点」を含むのは「唯一つの世界」しかないと思うからです。
‥‥これからの話しをよく聞け、ということでしょうかね?

平戸さん、こんばんは。

平戸さんが僕の絶好の論敵になりそうでとてもうれしく思っています。本当に願ったり叶ったりです。

>今日の私A1と明日の私A2の同一性を確かめる方法は、唯一つだけあり、それは今日から明日まで(眠らずに)意識を持続させればいいということでしょう。

と平戸さんは仰っていますが、僕の主張はまさに「今日から明日まで(眠らずに)意識を持続させたとしても今日の私A1と明日の私A2の同一性を必然的に確かめられるとは限らない」ということですので、お互いに真逆の考え方をしているようです。
これから、僕の考えをはっきりさせていきたいと思っていますので、それに批判的にコメントいただければありがたいです。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/61095272

この記事へのトラックバック一覧です: 「シュレディンガーの猫」と「多世界解釈説」<私の死と「私」の同一性2>:

« 自殺しなくちゃ苦痛から逃れられないか<私の死と「私」の同一性1> | トップページ | 意識が持続していればそれは私か<私の死と「私」の同一性3> »