フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2014年横山が当面の勉強したいこと | トップページ | 言語ゲームに他者は必要か<意味の意味-1> »

2014年1月13日 (月)

「語り得ないこと」の向こう側はいかようにも語り得ないか

taatooさん、興味深い質問ありがとうございます。すごく興味深いので、回答を新しいブログページとしてアップさせてもらいました。

まず僕が
「僕の立場で言うと、「私的言語」によって世界を捉え得るかという「観点」はあり得ません。「私的言語」自体が有るかという「観点」はナンセンスです。しかし、「私的言語」と「言語」の境界を考えようとする「観点」は有意味になる可能性があります。」
というコメントを挙げたのに対して、
taatooさんが
「境界は向こう側を想定するからこそ、境界じゃないですか。向こう側を否定するなら、境界も必要ないことないですか。潔く「私的言語」は無い、でいいのでは。「私的言語」と「言語」の区別は無く、在るのは「言語」だけ。けど反転して、それが「私的な言語」だったりして。」
と反論したことに対して回答する。

たとえば、「ヘンピオ」という文字列について「語り得ないことについての推論1」を考える。
「ヘンピオ」はいかなる言語ゲームでどのように働くかという使用法が決まっていないのだから、「『ヘンピオ』にどんな意味が有るのか」と問われたとしても答えようがない。だから、「ヘンピオ」はナンセンスである。
しかし、
「『ヘンピオ』という文字列は言語ゲーム上で使用法が決まっていないのでナンセンスである」と発言してしますとすると、パラドクスに陥る。なぜなら、その発言の中で「ヘンピオ」は言語ゲームに乗ってきちんと使用されているからである。
それゆえ、「語り得ないこと」の向こう側についてはいかようにも語り得ないことになってしまう。それが語り得た時点でそれは「語り得ないこと」ではなくなってしまうからだ。
以上。「語り得ないことについての推論1」

さあ、この推論1は正しいだろうか。僕は間違っていると思う。「ラッセルのパラドクス」と同じ混乱があるように思う。
「3・333 関数自身をその関数の入力項にすることはできない。…関数F(fx)が自分自身の入力項になり得たと仮定してみよう。そのとき「F(F(fx))」という命題が存在することになる。ところがこの命題において外側の関数Fと内側の関数Fは異なる意味を持っているのでなければならない。…かくして、ラッセルのパラドクスは片付く。」(ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」)
「ラッセルのパラドクス」では、その内容を{x|x∉x}のように集合として考えると「自分自身の中に自分自身を含まない」と読まれてしまい、そして、この「自分自身」という言い方が「自分が自身に代入され、それが無限に循環し続ける」というイメージにつながってしまい、パラドクスになる。しかし、これを、F(Fx)のように関数として読むと、「某かのことを2回施す」と読まれることになる。xに対して内側のFが働いてFxにし、さらにそのFxにそとがわのF( )が働いてF(Fx)にするという意味に読まれるのだから、これは無限に循環するイメージには、ならない。
詳しくは「集合と関数はどう違うか」http://sets.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/7-71db.htmlのページを参照。
「ラッセルのパラドクス」では、集合として考えると無限循環に陥ってパラドクスになるが、関数として考えれば(矛盾になる場合があったとしても)パラドクスは生まないのだ。
同様に「『A』という文字列は言語ゲーム上で使用法が決まっていないのでナンセンスである」という発言についても、「A」の意味が語り得ないと言っているその意味を集合的なものとして捉えるとパラドクスになってしまうのだが、語の意味は「初めからすでにして決定しているような集合的なもの」ではないと考えるべきなのだ。「『A』という文字列は言語ゲーム上で使用法が決まっていないのでナンセンスである」という発言をしたときにそれまでになかった新しい言語ゲームが生まれたと考えるべきであって、この発言においての「『A』の言語ゲーム」なるものには、この発言自体が適応されないと考えなければならないのだ。

だから、「「語り得ないこと」の向こう側についてはいかようにも語り得ないことになってしまう。」とは限らない。新しい言語ゲームを生み出したなら「語り得ないこと」の向こう側は語ることができるからだ。しかし、そこで語り得たことは最初の「語り得ないこと」とは別物になるのではないかという指摘をされるだろう。その指摘は正しい。だが、それでも、「ヘンピオ」はナンセンスであり、「『ヘンピオ』はナンセンスである」ということは有意味であり、さらにこれが有意味だということも有意味だとできるのである。
それゆえ、語り得ることと語り得ないことの境界を考えることは、確かに有意味な作業として立ち上げられるのである。

以上、質問に対する回答。おわり。

taatooさんどうでしょう、肩透かしになってしまってないでしょうか、ちゃんと答えられてたでしょうか。
とても面白い論点を提出してもらって大変ありがたかったです。この論点はさらにもっと考えると面白いアイデアが出てきそうな気がします。引き続き考えてみたいと思います。

横山

« 2014年横山が当面の勉強したいこと | トップページ | 言語ゲームに他者は必要か<意味の意味-1> »

コメント

随分ややこしい言い方をしてしまいましたが、
要は、「ヘンピオ」自体はナンセンスだったとしても、「『ヘンピオ』はナンセンスだ」がナンセンスになるとは限らないから、有意味とナンセンスとの境界を引くことは問題なくできるということを言いたかったのです。

ありがとうございます。反論になってなかったですね。くりだしたけど、かすりもしてないって感じです。

境界は、究極的には二元論を導くと思います。師匠の言う一元論なら線を引くのはおかしいと思ったのです。

集合では矛盾するが、関数では矛盾しない。つまり、関数という言語ゲームでは矛盾しないという話ですよね。私は、世界は関数より集合に近いように思います。矛盾だらけです、世の中。哲学は数学とイコールではないってことは、言えるんじゃないかと思います。

それに「ジャイアンツが大好きで、アンチジャイアンツ」だって、阪神ファンにとっても、きっと矛盾じゃないかと思うんですけど。


「巨人が大好きだけど、巨人の敗戦を望んでいる」という状況は一見奇妙でアブノーマルだけど、矛盾してはいないですよね。
「『A』なる文がナンセンスだったとしても、『Aはナンセンス』なる文は有意味である」って状況も一見奇妙だけど、矛盾してはいないのじゃないか、と思うわけです。

僕は阪神の優勝を望んでいる、ノーマルな阪神ファンですが。

 哲学の場合、「興味あり」ってのと「説に賛同・納得できる」の間にはかなり差があるように思います。私もそうなのですが横山さんも永井均の説に興味はあれども賛同・納得するには程遠い、ってのが実情ではないでしょうか?

 かつて養老孟司が大森荘蔵について「批判もしたし、皮肉も言ったが、それさえもしたくない、ってのが通常の哲学なのである」って書いてたけど、私は例えば鷲田清一や内田樹なんかを、敢えて批判する気にはなれません。永井均は何故か批判したくなりました。

アンチって実は鏡に映った私。映っているけど実は私はいなくてアンチだけ。

「G大好き」は意味論的で絶対的。「アンチG」は論理的で相対的。それが一緒になった文を、意味論的に見るとアブノーマルだけど、論理的に見ると矛盾じゃない。

かわいさあまって憎さ百倍とか、いやよいやよも好きのうちとか、愛と憎しみの反転とか。これは、違いますね。

アレレのレ~

指示・伝達・並列不可能な[固有名を与えられた身体から開けた生]を永井均氏の言う 身体や自己意識との関係が偶然的な<この私>(なる概念的構成物)と混同している人達もいるようですが・・・

いったい何のゲームのされているのか。僕にはさっぱりわからないのですが。
嫌味にならないように丁寧に哲学的な問題点をはっきりさせるように、お互い努力をしていきましょうね。

工藤さん、

「指示・伝達・並列不可能な[固有名を与えられた身体から開けた生]」が永井の<私>ではないのなら、たとえばハイデガーの「現存在」に近いものだったりするのですか。

これまで、何度も使ってこられたフレーズですが、僕はずっと<私>に近いものだと思っていました。「指示・伝達・並列不可能な[固有名を与えられた身体から開けた生]であり、<私>ではないもの」というだけでそれを理解しないことを非難する、というのは些か無茶ぢゃないかと思ってしまいます。さらなる説明を求めます。

工藤さんの意図した通りに理解してくれる理解者がおられますか。しかし、残念ながら僕には理解できていません。
理解できていないのは残念ですが、揶揄されるべきことではないと思います。
理解されていないと思われた場合に揶揄するのではなく、さらなる説明の方法を探るようにしてもらえるとありがたいです。

それとも、揶揄ではなかったのでしょうか。これまでにも、このコメント欄では相手の不理解を理由に人を馬鹿にすることは慎んでもらいたいと訴えてきました。再度、確認しあいたいと思います。

師匠、申し訳ありません。私は見かけほどは永井信者でないということを、周りの方々にわかって頂きたかったのです。

そこで、工藤さんに質問をさせて頂きたいと思います。工藤さんは以前、クリプキの本を片手に、自分はスピノザ主義者だと告白されていましたが、スピノザと言語哲学がどのような線で工藤さんの内でつながっているのか、ご教示頂ければと思います。

私は、工藤さんの「あれれ」が、とても好きで、久しぶりに「あれれ」を見て感動致しました。

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「語り得ないこと」の向こう側はいかようにも語り得ないか:

« 2014年横山が当面の勉強したいこと | トップページ | 言語ゲームに他者は必要か<意味の意味-1> »