フォト
無料ブログはココログ

« 実体二元論がダメなわけ<心は実在するか8> | トップページ | 行動主義と同一説がダメなわけ<心は実在するか9> »

2013年9月21日 (土)

2013/11/24大阪哲学同好会で発表します

11月24日(日)の「大阪哲学同好会(仮)」で発表します。

「ウィトゲンシュタイン3 心の哲学の蝿取り壷の出口を考える」

発表者:横山信幸

参考図書:「哲学探究」243~693節あるいは、平凡社黒田亘著「ウィトゲンシュタインセレクション」4章、および、サール「マインド心の哲学」3章

素人同士の哲学討論会です。発表担当者によるネタ振り後、自由にディスカッションします。

浪速区民センター(開始時刻14:00。ただし13:00から自由討議できます)

横山はJR難波駅改札前に12:30集合後、会場(浪速区民センター)に徒歩移動します。

終了予定時刻は17:00(途中入退出可)。

また、参加費が数百円程度(会場費頭割り)発生します。

「心の哲学」でゾンビとかメアリーの部屋とか色々な思考実験のなかで唯物論と二元論が混沌としている状況があります。これらに対してウィトゲンシュタインならどのように蝿取り壷の出口を示すかを考えたいというのが、発表のプロットです。
発表のお題は「心の哲学の蝿取り壷の出口を考える」です。
チャーマーズの「意識する心」3~5章での論議が中心になりそうですが、多彩なものを扱いたいので、サール「マインド心の哲学」の3章の方を参考資料に挙げたいと思います。あと「探究」243~693節、または、黒田「ウィトゲンシュタインセレクション」4章も挙げておきます。

参加を希望される方は、↓下のコメント欄にその旨を書き込むか、 ←左のプロフィールからメールするかしてください。

« 実体二元論がダメなわけ<心は実在するか8> | トップページ | 行動主義と同一説がダメなわけ<心は実在するか9> »

コメント

当日のランチの関係上、午後2時頃から直接会場に参ります。

『ウィト・セレ』第4章と『MIND』第3章は再読の上参加するつもりですが、
『意識する心』は本がデカ過ぎて、ほとんど読めそうにありません(^^;)
チャーマーズは他の短めの論文をネットからプリントアウトして読もうかとも思っています。

何か良いものありますかねえ?

ウラサキさん、ご連絡ありがとうございます。
ウラサキさんから、この哲学同好会案内のページに書き込みがあると思わなかったので嬉しかったです。コメント内容を読むまでは、もしかして勝手に同好会の案内を公開したことへのお叱りではないかと、少しドキドキしました。

チャーマーズの著作は「意識する心」しか知らないので紹介するネタはありません。
では、よろしくお願いします。

 いえいえむしろ積極的に広報活動してくださって有難いと思っています。やはり参加人数はもう少し欲しい所ですので。

 ただ開始時刻が、私の想定していた午後2時より早まっておりましたので、取り敢えず参加可能時刻をお伝えしておいた方が良いと思った次第です。

 チャーマーズの論文は彼のサイトから適当にピックアウトしようと思います。

レジュメ拝読させて頂きました。
情報一元論を主張している僕にとって、今回のお題は外せません。
今回、不参加としておりましたが、再検討させて頂きます。

はじ銀さん、

前回のウィト2に続いて今回もはじ銀さんは不参加と聞いて残念に思っていたのですが、もし参加してもらえるようになるのなら嬉しいです。是非、都合をつけてください。

チャーマーズとサールらは結局クオリアを語ろうとしてるのだけど、それは私的言語だから、ナンセンスでしかないだろう。というのを、発表の主旨にするつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/58239728

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/11/24大阪哲学同好会で発表します:

« 実体二元論がダメなわけ<心は実在するか8> | トップページ | 行動主義と同一説がダメなわけ<心は実在するか9> »