フォト
無料ブログはココログ

« クリプキの「クワス算」≪「哲学探究」を探求する2≫ | トップページ | ウィトゲンシュタインのパラドクスと言語論的転回≪「哲学探究」を探求する4≫ »

2012年1月29日 (日)

規則のパラドクスが炸裂する≪「哲学探究」を探求する3≫

ウィトゲンシュタインの「哲学探究」を哲学的に探求する。

規則のパラドクスは、ウィトゲンシュタインが誤解だと評したことからウィトゲンシュタイン自身から認められていないように扱われることがある。しかし、クリプキが重要視したようにウィトゲンシュタインも重要視していたと、僕は信じている。僕が本ブログで問いたいと思っている「独我論と実在論」を本質的に問い、そして破壊してしまう大問題だからだ。

 

筆算しても数えてもクワス算

前節で、クワス算を正しいとする者を単純に間違いとすることができないことを考えた。でも、そんなの、おかしい。ちゃんと計算したり、数えたりすれば、68+57=125であることが、きちんと分かるはずだ。クワス人はちゃんと計算し、数え直したとしても、やはり、68+57=5だと言うのだろうか。
ちゃんと筆算してみよう。
僕らはちゃんと「+」計算の筆算の手順を覚えている。

1
68+57=125の計算手順例
Ⅰ.8+7=15 1くり上がって十の位の上に①を書く。
Ⅱ.①+6+5=12 1くり上がって百の位に1、十の位に2を書く。

――――――と、これが一般的な加算の筆算手順である。ところがこれに対してクワス算的筆算はこーなるである。

2
「+」のクワス的筆算方法
「68+57」の68も57も57以上なので・・・
Ⅰ.8+7=5 くり上がらないから、十の位の上に①を書かない。
Ⅱ.6+5=0 0だから、十の位にも百の位にも数字を書かない。

――――――となる。結局、xかyかが57以上であるなら、x+y=5であると言うこと以上のことは何も言っていないのだか、これがクワス的筆算なのである。
じゃあ、実際に数えてみれば、加算の正しい答えが分かるだろうか。
3_3

実際に数えればいーじゃん。
68と57あわせて、100と20と5、だから、125
でも、クワス的な数え方だと、68も57も57以上だから、クワス的にあわせて、5。
これがクワス的な「実際にあわせて数える」・・・の解釈だ。だから、5。

――――――となる。やはり、xかyかが57以上なら、x+y=5であるということ以上のことは出てこない。しかし、これがクワス的な「合わせて数えてみる」という言葉の意味になってしまうのだ。
ちゃんと、筆算したり数えたりしてもダメなのである。クワス算が正しいとする者は、理屈抜きでクワス算が正しいとしてしまうのだから。様々な角度から、その間違いを指摘しようとしても、その内容ではなく、その状況の方を変換してしまう。筆算の仕方自体を違う物にしてしまったり、数えるという概念自体を変えてしまったりするので、間違いでしかなかったものが間違いでなくなってしまうのだ。
つまり、規則を解釈するやり方は最終的に「だって、仕方ないじゃん。そーなんだもん」という勝手な思い込みによって支えられるべきものなのでしかないのだ。だから、その意味で、クワス人は「+」記号の意味をクワス算として解釈し、我々プラス人はプラス加算として解釈する。このどちらが正しいとか間違っているとか言う根拠は、無くなってしまうのだ。
それゆえ、「68+57=5」だと主張する人が現れたとき、それが間違いだと言えなくなってしまうのだ。規則をどう解釈しても、いずれも同じように正しいとすべきであり、いずれも同じように間違っているとすべきなのだ。このように考えてくると、もはや、僕らは「規則に従う正しさ」を失ってしまう。やはり、「規則のパラドクス」は認識力の不足による認知不能ではない。これは神の力を持ってしても認識することができない、基本的な無意味なのである。

 

言葉の意味がなくなる

この「規則のパラドクス」は、規則に従っているか否かに関する内容を無意味にするだけでなく、「言葉の意味」をも無意味にしてしまう。
たとえば、「グリーン」という言葉が意味するものは、「グリーン」という言葉によって示される外延をすべて挙げて並べることではっきりさせることができるだろう。しかし、「グリーン」という言葉で示す外延を挙げていけという「命令」を「規則」として捉えると、この「規則」はやはりいか様にも解釈できるのだ。そして、「グリーン」という言葉はいかなる意味をも持つことができ、いかなる意味をも持つことができなくなってしまう。グルー星人はエメラルドをグルーだと解釈し、我々グリーン星人はグリーンだと解釈する。どちらも正しく、どちらも正しくないのである。
こうして言葉という言葉はすべて意味を確定させることができなくなってしまう。クリプキのこの「規則のパラドクス」は言葉の意味を消失させてしまう。恐るべき爆弾なのだ。

 

自らの考えの意味さえなくなる

そしてこのパラドクスの破壊力はさらに大きく炸裂する。他者との意見の違いの正誤を決定できないだけでなく、自分自身がどう解釈しているかさえも決定できないと言うのだ。

こういうことである。
自分で思い込んでいることが規則に従うことで無いとするならば、それは単に思い込んでいるだけで規則に従っている訳ではないとする立場に立つならば、自分が規則にどのように従っているのかを自分で知ることができない、とするのだ。僕は僕がどのように規則に従っているのか自分で知らないのである。だって、僕は僕自身がどのように規則に従っているのかを、自分自身に納得させられるだけの言葉を持たないのだから。
だから、僕は「+」記号によってどんな計算をしていたのか自分で分からないことになってしまう。
そして、これは、僕が「僕自身どのように規則に従っているのか」を決められないのだということであり、僕が僕自身何を言っているのか、自分が使っている言葉の意味さえ正しく掴めないことになってしまうということなのだ。僕は僕が何を言っているのか知り得ないのだ。僕は僕が何を思っているのか知り得ないのだ。

 

 

とんでもない爆弾だ。あらゆる、哲学を、世界を破壊してしまう。この徹底的な破壊の中からウィトゲンシュタインは言語ゲームというアイデアとともに新しい哲学と世界を再生させる。そして、この爆弾によって「独我論と実在論」が破壊されることになると僕は考えている。でも、それらはまた明日。

 

つづくウィトゲンシュタインのパラドクスと言語論的転回

「探究」を探求する目次

« クリプキの「クワス算」≪「哲学探究」を探求する2≫ | トップページ | ウィトゲンシュタインのパラドクスと言語論的転回≪「哲学探究」を探求する4≫ »

コメント

今日初めて読みましたが、とても分かりやすくて面白いです。下手な学者の書いたものよりイイと思います。学者でも何でも、自分で深く考えていないものはダメですね。読むとすぐ分かります。応援してますので、続きをよろしくお願いいたします。

occamさん、コメントありがとうございます。分かると言って共感して下さると非常にうれしいです。1ページ進むのにとても、時間がかかってしまって更新が遅くなることもありますが、少しずつ書き進んでいきます。内容が独りよがりになってしまうこともあると思いますので、また、コメント頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。

クワス算について分かりました。
ありがとうございます!

それはよかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/53843728

この記事へのトラックバック一覧です: 規則のパラドクスが炸裂する≪「哲学探究」を探求する3≫:

« クリプキの「クワス算」≪「哲学探究」を探求する2≫ | トップページ | ウィトゲンシュタインのパラドクスと言語論的転回≪「哲学探究」を探求する4≫ »