フォト
無料ブログはココログ

« 世界を正しく表す文はあるか1 分析・総合とアプリオリ・アポステリオリ | トップページ | 世界を正しく表す文はあるか3 全称文と存在文 »

2010年4月27日 (火)

世界を正しく表す文はあるか2 分析文の真偽は文の構造だけで決まる。

デカルトは「我あり」という記述だけはどうしても疑うことができない絶対的な「真」だと言っている。この「我あり」は、はたして本当に「絶対的な真」であるのか。また、はたして「総合文」であるのか。
実際にここに「私」が存在して、それがどうしても疑えないのなら、「我あり」が「真なる総合文」であることは間違いないのではないか。

しかし、それは本当か?

そこで、クワインの「経験主義の2つのドグマ」を、私なりに検討し、それによって、「我あり」がどこまで総合文であると言えるのか、真なる総合文というものが本当にあるのかを問うていくことにしたい。  

課題文①「結婚していない人は、結婚していない」
「結婚していない人は、結婚していない」という文は、(現実世界がどんなであっても関係なく、)文の意味だけから、必ず正しいに決まっているから、分析文だと断定できる。いや、この文は「文の意味だけ」どころか,文の意味にも関係なく,文の構造だけから正しいことがわかる。だからこそ、はっきりと分析文だといえるのだろう。
課題文①’結婚していない人は、結婚している」
これも、文の構造だけから必ず間違いだと決められるから分析文だ。(ただし、ここには「(非AはA)ではない」という論理が前提されているので、文の構造だけでなく、若干の前提が必要になると言えるかもしれない。また、それを言いだすと「結婚していない人は結婚していない」も「AならばA」を前提としているとも言える。) 

課題文②「独身者は結婚していない」
では、「独身者は結婚していない」という文もやはり「分析文」だろうか。これも文の意味だけから必ず正しいと決められそうである。しかし、この文は課題文①とは違い、文の構造だけからでは真偽が決まらない。だから、この文を発言した人がどういうつもりでこの言葉を使っているのかをきちんと教えてもらわないと、正しい文であるかどうかを確かめることはできないだろう。

この発言者が「『独身者』とは『結婚していない人』のことだ」と答えたなら、課題文②は「独身者が結婚しいない人であるなら、独身者は結婚していない」という文になり、現実世界にも文の意味にも関係なく、文の構造だけでトートロジーであることが明らかになるから、この文は分析文だといえる。

しかし、この発言者が「『独身者』とは『一人で暮らしてる人』のことだよ」と言ったとすれば、課題文②は「一人で暮らしてる人は結婚していない」と言いかえられることになる。そうすると、これは文の意味や構造だけから真偽を確定させることができない文になってしまうので、分析文ではない。
そして、実際に現実世界には「一人暮らしで結婚している人」が存在し、明らかに反証になっているので、課題文②は偽になる。現実世界の状況によって真偽を決めることができたので、総合文だと言えるだろう。(これを総合文だとすることについては、次節以降でさらに検討を深めたいが、ここでは、これまでの考察からとりあえず総合文だとしておきたい。)

また、課題文②の発言者が「独身者」の意味について「独身者は独身者さ」と言ったとすれば、この文が真であるか偽であるか、また、分析文であるか総合文であるかという問題を確定させることはできなくなるのだろう。
一つの同じ文であっても、文の真偽は、文の意味内容や言葉の定義の仕方によって変わってくる。当然、分析文なのか総合文なのかの判断も変わってくる。
つまり、文の意味だけからその真偽を明らかにしようとするなら、言葉がどういう意味でつかわれているのかをはっきりさせる必要がある。そして、それによって、(文の意味さえも関係なく)文の構造だけから、トートロジーまたは矛盾であることがはっきりさせることができるような文が、「分析文」だといえるのだろう。

つづく 世界を正しく表す文はあるか3

 

世界を正しく表す文はあるか目次

« 世界を正しく表す文はあるか1 分析・総合とアプリオリ・アポステリオリ | トップページ | 世界を正しく表す文はあるか3 全称文と存在文 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/48200434

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を正しく表す文はあるか2 分析文の真偽は文の構造だけで決まる。:

« 世界を正しく表す文はあるか1 分析・総合とアプリオリ・アポステリオリ | トップページ | 世界を正しく表す文はあるか3 全称文と存在文 »