フォト
無料ブログはココログ

« 独我論がダメなわけ4 「世界が観念であるという世界モデル」は可能なのか? | トップページ | 独我論がダメなわけ6 「独我論」の「我」って誰 「独今論」の「今」っていつ »

2010年2月10日 (水)

独我論がダメなわけ5 「世界の限界である私」は他者と向き合えるのか?

①「あらゆる世界像は必ず私の今の世界である」
②「ここに一つの世界が『本当に』開いている」
独我論とはこの2つを同時に問うている議論だともいえるだろう。

①は、ある世界像について、その世界を開いている視点のことを「私」と記述し、開かれている時点のことを「今」と記述するのだから、あらゆる世界像は、必ず「私」の世界であり、「今」の世界である。当然すぎる話で、トートロジーでしかない。
②は、誰にも伝えることができない内容である。これを理解できるものは私以外には存在せず、独り言で言うしかない。

それゆえ、①も②も発言に値しない。だから、独我論は無意味である。

②について、もう少し付け足そう。
世界を開闢している私を「私A」とし、世界の内に存在し他者と話ができる私を「私B」とする。このとき、「私A」と「私B」を混同してはならない。
ウィトゲンシュタインが『論考』で「主体は世界の限界である(5.632)」と言った主体は、「私A」であり、他者と話をすることができる主体は「私B」である。
別のものである。
だから、「私Aは世界の限界である」と他者に発言したとすれば、発言したこと自体が間違いであり、「私Bは世界の限界である」と発言したとすれば、その内容が間違いである。
どちらにしても偽となる。この命題は独り言でいう分には当たり前の内容なのだが、他者に発せられてしまうと必ず偽になってしまうナンセンスな発言なのである。

だから、独我論は他者と話し合うことができないのだ。一人で悶々と考え続けないといけない。こんなところで話し合ってしまってはダメなのだ。
こうして、独我論も否定される。

つづく 独我論がダメなわけ6へ 

独我論がダメなわけ目次

言語が独我論を許さないわけ

独我論を論駁する

大阪哲学同好会に来ませんか

« 独我論がダメなわけ4 「世界が観念であるという世界モデル」は可能なのか? | トップページ | 独我論がダメなわけ6 「独我論」の「我」って誰 「独今論」の「今」っていつ »

コメント

はじめまして、
「独我論」で検索していてこちらにたどり着きました。
私も哲学は素人ですが、哲学的な興味はあって、もうかれこれ40年は哲学しています。
私は、現在の哲学そのものに疑問を感じています。

私のブログは、誰にでも理解できるように易しい言葉で書いています。
というか、それが私の実力ということかもしれませんが、
難しい言葉を使わないとできないような哲学は意味がないと思っているのですが、弁解に聞こえますでしょうか。

独我論は理解はできますが、それですべてを解釈しようとすると、非常に複雑なものになってしまいます。
私は人間に与えられているものは何か。何ができるかが問題だと思います。
いかに疑問があっても、できないことはできないのですよ。

凡人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
現在の哲学はむずかしい言葉を使ってしまっているという指摘その通りだと思います。僕も、中学生の息子が理解できる内容を心がけているつもりですが、難しいです。
「何ができるかが問題」というのは、思考の限界、言語の限界を考えようとしたカントやウィトゲンシュタインの言ったような意味でおっしゃっているととらえましたが、いかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/47532562

この記事へのトラックバック一覧です: 独我論がダメなわけ5 「世界の限界である私」は他者と向き合えるのか?:

« 独我論がダメなわけ4 「世界が観念であるという世界モデル」は可能なのか? | トップページ | 独我論がダメなわけ6 「独我論」の「我」って誰 「独今論」の「今」っていつ »