フォト
無料ブログはココログ

目次

トップページ

twitterはじめました

01wareomou_3

0.私は死ぬ。私は死なない。
  はじめに

 

1.実在世界というのは結局でっち上げになってしまう
  実在論がダメなわけ

 

2.いまここに確かに何かがある
  我思うゆえに誰あり

 

3.死は今ここにある.。死は深遠なものではない
  瞬間転送と私の死

 

4.時間を失ったものは存在し得ない。 0秒間世界創造説
   独今論の「今」は0秒間か

 

5.独今論の「今」とはいつか。
   独今論者はカップ麺を食べられるか 

 

6.独我論が実在論より確かだというわけじゃない
   独我論がダメなわけ
 独今論のダメなわけ

 

7.分析性と総合性のあいだで世界をどう記述するか。
  経験主義の二つのドグマを考える

   世界を正しく表す文はあるか

 

8.アプリオリな総合文をカントはどうやって作ったか。
  カント「純粋理性批判」を読む。

  超越論的な真理はどこまで本当か

 

9.ラッセルのパラドクスを一般化してみる
  ラッセルのパラドクスの内包と外延

 

10.無限と数学とパラドクスから、実在を考える。
  野矢茂樹「無限論の教室」から発展的に

  無限は実在するか

 

11.ウィトゲンシュタインとカントはどこが違うか。
  ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」を読む。
  「論考」を論考する

 

12.私的言語は不可能か。言語ゲームとは何か。独我論を論駁する。
  ウィトゲンシュタイン「哲学探究」を読む1
  「探究」を探求する

 

13.必然と可能世界から、実在を考える 様相論理
   非現実は実在するか

 

14.心身問題と自由の問題、志向性の問題
  チャーマーズ「意識する心」から発展的に。
  心は実在するか 

 

15.言語ゲームと私的言語批判を整理しました。
  「哲学探究」を読む2
  「哲学探究」をまとめました

 

16.語の意味とはどこにあるのか。どうすれば知り得るのか
  意味のJTB説。意味の外在論と内在論。パトナム、クリプキ、サール
  意味の意味

 

17.語の意味はどこまで確定させられるのだろうか。
  ダメットの「反実在論」を中心に
   意味の意味Ⅱ

 

18.過去未来の私はどの程度私なのか。それはなぜか
  私の死と「私」の同一性

 

19.クオリアはどこまで意味があるのかを考える。永井、デネット
  クオリア再考

 

20.「生」と「時間」は矛盾なくして語れないのか。
  マクタガート「時間の非実在性」をめぐって、ヘーゲルの弁証法や永井の累進構造を批判的に検討する
  時間と生は非実在か

 

その他
  思いつきの言々

 

大阪哲学同好会に来ませんか
  

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548679/46767591

この記事へのトラックバック一覧です: 目次: