フォト
無料ブログはココログ

2017年4月 9日 (日)

「限りある命の美しさ」にもやもやしている話

「銀河鉄道999」は僕の宝である。僕が中学生のときの大人気アニメで今も大好きだ。けれど、当時納得いかなかったもやもやがあって、これが39年たった今もまだ腑に落ちていない。

物語は、鉄郎が機械仕掛けの不死の体を得るために銀河鉄道に乗り込んだ旅の途中で、命は限りあるものだからこそ美しいことに気づき、生身の体のままで自らの生と死に向き合って生きていこうと決意する、という少年成長譚である。
中学生の僕には物語のこのテーマがどうもしっくり来なかった。別に内容が間違ってると思ったわけではない。命が尊さをテーマにするのも悪くないと思った。だけど、生の尊さとか美しさとかを問うのに、「いつか死ぬ命だからこそ尊い」などという低レベルの「命の尊さ」を、どうしてみんながありがたがったり引っかかったりするのだろう、ということが僕にはどうしても腑に落ちなかった。
そして、53歳のオッサンになってもまだ、やはり、僕が問いたいこととは別のところで他の多くの人は命の尊さを問うているらしいことに、しっくり来ないままでいる。

僕がもっと問う価値があると考えている命の尊さってのは、こういうものだ。
今、私は生きている。これが仮に夢だとしてもその夢を私が見ているってことは現実だ。また、仮に私が知らないうちに私が死んでいて、これが私の死後の世界だったとしても、その死後の世界を見ているものとして私が存在し、その私に見られている世界としてこの世界が存在していることは現実である。現実にすでに世界は存在している。
私は「これ」を物理的実在世界として解釈することも、単なる精神世界でしかないものとして解釈することもできる。でも、この世界が、私と相互作用をなし合う「物質」からなるものとして成立し、また私の「記憶」から成立しているものだとして解釈したときに、私は私が3分後にUFOを食し得る可能性を手に入れることができる。そして、私がそのような希望を持つことを「私の生」と呼ぶとするならば、仮にこの私が亡霊だとしても、この世界が死後の世界だったとしても私は生きていると言える。

僕が問いたいのは、このレベルの「生」の尊さなのだ。今世界が現実に存在しているという意味での「生」なのだ。
この「生」はその「生」そのままで何よりも美しいと僕には思える。この私の体が永遠の命をもって不死になって堕落し怠惰になり醜い生き方をするものに成り下がったとしても、決して失われない美しさ。星野鉄郎や松本零士が問うた「生の美しさ」とは全く次元の違う生そのものの「生の美しさ」だ。
そして、僕の考えるこの「これそのもの、世界そのものとしての生」は、私の体が生身でいつか死ぬべきものであるか否かとは無関係に、或る意味で常に死と隣り合わせのものだ。仮に機械の体を持ち永遠の生命が担保されたとしても、それは私の体が引き受けるべきものとしての「生」が永遠だとするものであるだけで、「これそのもの、世界そのものとしての生」は現にあるというそれだけのものでしかなく、永遠の生でありながら瞬間瞬間を死に続けるものだとも言えるようなものなのだ。

だから、「いつか死ぬ命だから尊い」とか、「怠惰になって堕落すると命の美しさが失われる」などと言われると、「言いたいことは分からなくはないけど、それがそんなに大切なことなの?」という思いが浮かんできて、大好きだった「999」と松本零士に白けてしまった。そのせいもあって、僕は今も「死の美化」を嫌悪してしまう。

もちろん生身の体を選んだことは良いことだったと思うよ。でも、機械の体を選ぶことが絶対ナイ話というわけでもないように思うんだ。寿命のある体は生の価値にとっての本質ではないように思えるんだ。堕落せずに必死に生きていければ素晴らしいと思うよ。でも、堕落して怠惰に溺れても、今私が生きていて世界がある、それだけで何ものにも変えがたい素晴らしすぎる価値があると思えるんだ。生と死と向き合ってしっかり前向きに生きていけたら本当に素敵だ。でも、死とも生とも向き合えないでも後ろ向きでも今生きていることの方がどれだけ素敵なことか。

いやいや、「999」のテーマを否定してるわけじゃないんだ。でも、そんな「生の価値」なんて僕にはどーでも良いと思えてしまうって、それだけのことなんだ。
その、僕にとってどーでも良いことをみんなが大切にしてるってことが不思議なだけなんだ。
そういうもやもやが中学の頃からあって、僕が哲学を続けている一つの目的になってきた。そして、今もまだもやもやしていて、さらに今後も考えていこうと思っている。そのもやもやを与えてくれたという意味で「銀河鉄道999」はこれからも僕の宝である。

思いつきの言々

«大阪哲学同好会に来ませんか