フォト
無料ブログはココログ

2018年2月19日 (月)

時間を失うことが何かの回避になり得るか

思い付きの寓話。

湯を注いだUFO がちょうど出来上がったそのとき、悪魔が囁いてきた。『お望みなら時間を止めてやる。世界中の時間が止まるのだ。時間自体が止まるのだから君はそのUFO を食べられない状態に「なる」わけではない。だから、君は「食べられなくなる」ことはない。不幸の状態に「なる」ことなど原理的ないのだ。物理的に静止した状態の時間が生じるわけでもないから、それは世界の「停止」でもない。だれも時間が止まったことに気づきようがないのだ。そして、何より良いことには、そのまま無限に時間を止めたままにしておけば、君はこの先に苦痛を感じる可能性から一切解放されるのだ。幸福を失うことなく不幸が排除できるのだ。どうだ。時間を止めてやろうか』・・さて、僕はこの問いに頷首するべきか?

 

 

 

アンチナタリズムは、結局、上と同様の、子どもは生まれなければ不幸に陥ることがなく幸福を失うこともないという論理でもって、子を産まない方が良いとする。
僕にはどうしても詭弁に思えて仕方ないのだけど、どうだろう。
時間を失うことが何かの回避になることが果たしてあり得るだろうか。
悪魔の話に乗ろうと思う人がどれくらいいるだろうか。

思いつきの言々

«リアルの分節化と事象の方向線とアクチュアル・バーチャル・リアル・ポシブル<ドゥルーズ「差異について」を理解するぞ2>